完全に相手側が悪いと分かっている事故

誰がどう見ても100対0の交通事故に遭ってしまいました。

その日は私は徒歩で夜の8時過ぎに近所のスーパーへ歩いていました。スーパーでは塾帰りの子供と待ち合わせがあるので、少し急いで歩いていました。

スーパーの手前に消防署があるのですが、その前を通りかかった時に、女性が運転していた車が消防署の敷地内に入っていく為に私の前を大きく左折して、中へ入っていたのです。女性が運転した車はいきなりUターンをして消防署の敷地から出てきました。こんなところでUターンをするなんて凄いと言うのか、いいの?と思った瞬間に、まさかのまさかで私に車がぶつかったのです。

私はスーパーを目の前に、消防署の前で車に轢かれてそのまま倒れてしまったのです。女性はすぐに私に気が付いて、どうしよう!どうしよう!と言っていましたが、消防所のドアを叩いて中の人を呼んでいました。

私は待ち合わせしている子供が気になり、立ち上がろうとしましたが駄目でした。女性は私には全く気が付かずUターンで必死だったとの事でした。

消防署の方が女性にすぐに119をしてくださいと伝えて(電話しないと出動できないようです)その後私は救急車に乗せられました。子供をスーパーまで迎えに行ってほしいと消防署の方に託して私は運ばれました。

幸い大事には至らず翌日には退院できましたが、女性が任意保険には加入していなくて、補償の問題の不安などから、弁護士さんに依頼をしてお任せしました。

ちょっといろんな面で非常識な運転手の方で驚きました。

DATE:2016/09/16